中古車をオークションで売るメリットとデメリット

中古車をオークションで売るメリットとデメリット

中古車査定を何社にも出してみてから、1円でも高い業者に売る努力をする人も多いのです。

 

なかには、車を欲しがっている知人や、友人に譲るケースもあるようです。

 

これだとお互いに業者とやりとりするための手数料などを省くことができるので、知人への売買という方法は、車にかかる費用が節約できるコツとも言えます。

 

やはり、業者への中間の手数料を省いた、個人売買というのが一番高く車を売る方法です。

 

ただ、個人での売買の場合には、当然ながら名義変更などの色々な面倒な手続きをすべて自分で行なわなければならないというデメリットがあります。

 

しかしそれを面倒がらずにこなすことができれば、中古車が最も高く売れる方法となります。

 

他にもデメリットはあり、例えば車に不具合が出た場合などの修理費用が面倒になるかもしれません。

 

メリットの多い個人売買ということでは、その方法としてネットのオークションを利用するのは、とても便利で人気があります。

 

これまでにYahooオークションを見たことがあるでしょうか。

 

少し見てみるとおわかりになりますが、多くの個人の方が中古車をオークションに出品しているのです。

 

中古車売買の際のコツさえしっかりと押さえれば、業者が中古車査定した値段よりもお得です。

 

自分でオークションへ出品したほうがより高く売ることができるのです。

 

ですが、車の移動費などがかかりますので、遠くにお住まいの方が落札した場合には、車の輸送費をどうするのか、そこまで運転していくのか、そうすると帰りの交通費はどちらが払うのかなど、これらのことが面倒になりますね。

 

それに、中古車には、それぞれにコンディションがありますから、その価格が本当に適正なのか素人判断ですからとても難しいところです。

 

当然、車に値段をつけるコツなども勉強してからオークションに出品するのでしょうが、所詮は、素人同士の売買ですから、お金のやりとりなどには十分に気をつけなければならないですね。