ローンが残っていても中古車は売れるのか

ローンが残っていても中古車は売れるのか

車のローンがまだ残っていたとしても、中古車を買い取ってもらうことはできるのでしょうか。

 

何か理由があって、どうしても手放さなければならなくなった場合、まだローンがあっても、中古車査定に出して、その後、買取してもらうことはできます。

 

きちんと車の手続きさえ行なえば何も問題はないのです。

 

ローンを組んで分割して支払っている場合には、車の所有者というのは、本人ではなくてローン会社になっているケースがあります。

 

書類上、自動車には、「所有者」というのと、実際の「使用者」という名目があるのです。

 

そこで、まだ支払いが残っている車の所有者というのは信販会社だったり、あるいはローン会社だったりするわけなのです。

 

ローンが終わることで、晴れて自分の所有物となるのですが、それまでは自分で勝手にその車を売ってしまえば、なんと犯罪にもなってしまうのです。

 

そこで、まだローンが残ったままの車を売却するときのコツとしては、まず、所有者の名前を自分に名義変更することです。

 

それをするためには、まず所有している会社の許可が必要となるので、ローンの支払先の会社に、名義変更をしたいという申し出をしてから、指示を仰ぐようにします。

 

名義が自分に変われば、自分で自由に売却することが可能になります。

 

ただ、ここで名義を変更しなくても売れる方法というか、コツがありますが、それは車を売った分のお金で残ったローン分が全額返せる場合となります。

 

中古車査定を確認して、ローン残高をこれが上回っていれば可能ですね。

 

ただしこれは特例となっていますので、まずは検討してみるとよいでしょう。

 

また、銀行などで借りることが出来るマイカーローンを利用している方であれば、ローンの残りがあったとしても、名義が自分になっている人もいらっしゃいます。

 

この場合には自分に所有権があるので、この場合は自由に売ることができますね。

 

売る際には、譲渡証明書や印鑑証明書が必要になりますが、所有者の名義変更の必要はありません。