重機の売却の際に必要となる書類

重機の売却の際に必要となる書類

重機を査定してもらってから、売却するためには、いくつかの大切な書類が必要になります。査定をしてもらい、いろいろな手続きが終わってから、いざ売却という段階になった時に「あの書類が足りない!」とならないように、事前に必要となる大切な書類をきちんと確認しておくようにしましょう。公道を自走することができるナンバーがある重機と、公道を自走できない重機とでは、必要になってくる書類も異なります。その辺りのことも、あらかじめ業者にしっかりと確認しておくといいでしょう。まず、ナンバーがある重機の売却の際に必要となってくる書類を紹介しましょう。ナンバーがある重機のなかには、車検が必要となる「大型特殊自動車」と、車検がいらない「小型特殊自動車」の2つがあります。まず、大型特殊自動車を売却するのに必要になるのは、「印鑑登録証明書」「自動車検査証」「納税証明書」「委任状」「譲渡証明書」「自賠責保険証明書」などです。普段は見ないような、または使わないような書類がたくさん必要となるので、これらがすべてそろっているかどうかをしっかりと事前にチェックしておく必要があります。そして小型特殊自動車になると、これよりもかなり必要な書類は少なくなります。例えば、「標識交付証明書」「譲渡証明書」が必要です。小型特殊自動車の扱いというのは、原動機付自転車と同じなのです。また、ブルドーザーや油圧ショベルといったナンバーのない重機の売却の際に必要となる書類も少ないですね。これらの重機は、償却資産として扱われているのです。売却に必要となる書類は「譲渡証明書」「販売証明書」なり、場合によっては、譲渡証明書があれば販売証明書が必要ないこともあります。