レクサスの車種とレクサスだけの特徴

レクサスの車種とレクサスだけの特徴

同じレクサスだったとしても、その車種によってかなり雰囲気が異なります。

 

ではここで代表的な車種をいくつか紹介してみましょう。

 

その特徴をきちんと知ることで、どの車種を選べばいいのかがわかることでしょう。

 

ただ、レクサスを購入するためにはかなりのお金が必要ですから、この特徴よりも価格をまずは確認した方がいいかもしれませんが。

 

レクサスCTというのはエントリーモデルです。

 

ハイブリッド専用モデルとなっている車種です。

 

レクサスの大きな特長となっているロングルーフを採用している車種で、低重心の安定感が注目されている車です。

 

足回りやステアリングは新開発のものが採用されています。

 

初めて購入する人であれば、そのスポーティ感をしっかりと満喫することができるでしょう。

 

それからレクサスのフラッグシップ的モデルというのはLSとなるでしょう。

 

これはレクサスが登場したころから作られている車種となっています。

 

素晴らしく快適な装備はレクサスだけの特有のものです。

 

4座席で独立したオートエアコンだったりオーディオシステムが特徴的です。

 

いままでに少しずつマイナーチェンジをしていますから、初期のころのものとはかなり変わっていますが、確実に性能は向上してきています。

 

2007年に登場してきたモデルはハイブリッドカーです。

 

レクサスのオープンカーはSCとなっています。

 

これは自動車の贅沢の限りを尽くしたような4シーターオープンカーなのです。

 

フロントグリルとバンパーが新しい形となっています。

 

こちらは運転手付きのレクサスではなくて、自分で積極的に運転したいオーナーのための車種とも言えるでしょう。

 

どのレクサスを選んでももちろんいいのですが、根底に流れているレクサスへの思いはどれも変わりません。

 

高級ブランドとしての地位をしっかりと築いていますから、これからもこの高級路線は変わることはないでしょう。