レクサスのショールームとトヨタの戦略

レクサスのショールームとトヨタの戦略

一度レクサスのショールームを覗いてみてはいかがでしょうか。

 

とても特徴的で驚くようなショールームなんです。

 

何と、ショールームなのにレクサス本体が一台も置かれていないのです。

 

レクサスのユーザーというのはレクサスを直接見たいわけではないとトヨタ側は考えているそうなのです。

 

他にはない大胆な戦略によって、さらに売り上げを伸ばそうと言うことなのでしょうか。

 

もちろん、レクサスというのはかなりの高級車ですから、購入を検討する人も皆さんお金持ちばかりです。

 

ですからショールームでは、応対する時の雰囲気というのをとても大事にしているのでしょう。

 

もちろん、レクサスの車種毎の特徴を詳しく知りたいと思う人もいることでしょう。

 

車種によって、実際に装備されている内容が全く違うからです。

 

レクサスの販売というのは他の普通の車とは一線を画しています。

 

それがレクサスの最大の魅力です。

 

トヨタでは、他にはない大胆な戦略を打ち出すことによって、それがユーザーたちにも受け入れられると考えているのです。

 

他のメーカーでも見習うべき点はいろいろとあるはずです。

 

レクサスの販売台数というのがある程度見込めるようになってきた現代においては、これからを占うのがショールームと言えるかと思います。

 

もちろん、レクサスの車としての性能をより高めることは重要なことですが、ブランドイメージをより明確にしてそれを確実にすることに力を入れているのがレクサスなのです。

 

レクサスは価格が高いだけの車ではなくて、本当の意味での総合的な高級ブランドでなければ意味がないと言えるでしょう。

 

車に対しての考え方というのは人それぞれだと思います。

 

レクサスがどうしても欲しいと思っている人もいますし、思っていない人もいることでしょう。

 

購入するくらいの余裕はあるのにレクサス購入の意思がない人を、1人でもよく多く引き付ける魅力を、このショールームに持たせたいとトヨタは考えているのでしょう。