軽四の買取は走行距離が重要か?

軽四の買取は走行距離が重要か?

軽四といえば車の中では小さくてそして価格も安い車種と思われていますね。

 

全国的に見てみるとかなり人気が高い自動車となっています。

 

ですから軽四の買取業界というのも、かなり活況なのです。

 

もしも今あなたが持っている軽自動車を売りたいと思っているのなら、できるだけ高い値段で買い取ってくれる買取業者を探すことがポイントになるでしょう。

 

その前にまずは軽自動車の買い取り相場をきちんと把握しておきましょう。

 

つまり、相場よりも極端に高く売ることを期待してはいけませんが、相場よりも安い値段で売ってしまわないように注意することがポイントになると言うことです。

 

ただ、実際の買取価格というのは、やはり車の状態によってかなり変わってくるでしょう。

 

自分でも外装、内装をきれいにしておくこと、走行距離やオプション類などチェック項目はたくさんあるでしょう。

 

価格的に普通自動車をあきらめて、軽自動車を購入する若者も多いですし、中高年の方でも車の運転に不安がある主婦などでは、小回りの効く軽自動車を好むのです。

 

またなんといっても車両価格の安さだったり燃費の良さは軽自動車の大きなメリットと言えるでしょう。

 

ではここである買取業者のデータを参考にしてみましょう。

 

車の走行距離と買い取り価格の関係を紹介します。

 

車の走行距離が25,000km以下の場合では、買い取り価格は平均して60万円を超えています。

 

しかし、走行距離が50,000km以下となる場合には30万円台に大幅に下がります。

 

そして買い取り台数が一番多いとされている75,000km以下の場合の買い取り価格は24万円なのです。

 

ですからこのデータだけで考えると、走行距離25,000km以下の間に売却して、また新しい軽四を購入した方がいいと言う結果になっているのです。

 

もちろん、新しく買い替えるための手間はかかるでしょう。

 

自分がいったいどのような乗り方をしているかによっても、車の走行距離は大きく変わってくるでしょう。

 

買取には事前にじっくりと検討した方がお得になります。