中古車選びでは走行距離をチェックしよう

中古車選びでは走行距離をチェックしよう

もしもこれから中古車に乗り換えようと思ったら、まずは中古車選びからしなければなりません。

 

中古車についての基本的なことをチェックしておくことが大切になります。

 

まずは中古者の価格をチェックしましょう。

 

店頭ではプライスボードに書かれています。

 

ここで注意したいのは車体価格のみの価格か、車検費用などを含んでいる価格なのかを見ることです。

 

それから他にも、車検の残月数や、走行距離、オプション類の実装状況などをきちんと確認しましょう。

 

一般的には、走行距離が長い中古車の方が、それだけ売値は下がってきます。

 

もちろん中古車への乗り換えはいつでもできるのですが、新車の車検が近づいてきた時に考える人が多いようです。

 

そのまま同じ新車に乗り続けるか、それとも新しい中古車を購入するかと言うことになるのです。

 

きちんと定期点検を受けている車はそれほど多くないようです。

 

しかし、定期点検をしておくと車はそれだけ長持ちします。

 

中古車では車自体の年式よりも、点検状況の方を重要視した方が良いでしょう。

 

走行距離に応じてきちんと点検することが一番良いことです。

 

またもっと重要なこととしては事故履歴です。

 

大きな破損を伴うような事故の場合には、車の内部にまで損傷がある可能性もあるでしょう。

 

外装の擦りキズなどは中古車ですからどうしてもあります。

 

走行距離を示すメーターですが、昔であれば巻き戻しが横行していました。

 

現在ではそのような悪質なことはほとんど行われいませんが、販売業者によっては今でも危ないこともあるでしょう。

 

ですからより信頼できる中古車販売業者から購入することが大切です。

 

新車を次々に販売しているディーラーでも、最近では中古車を販売するようになってきたようです。

 

市場全体が中古車を求めているということでしょう。

 

もちろん、中には新車でなければ嫌だと言う人もいるでしょう。