プリウスのディーラー下取りの際にはここに注意しよう

プリウスのディーラー下取りの際にはここに注意しよう

日本のハイブリッドカーの代名詞でもあり、そしてトヨタの主力車種であるのがプリウスですね。

 

まだまだその人気はとても高く、納車までの時間が長い人気車種のひとつです。

 

このような人気のある車種というのは、やはりなかなか値引きが難しいのが一般的なことです。

 

また、ディーラー側でも、さまざまな工夫をして、値引きをうまく見せてくるので注意が必要なのです。

 

少しでも安い値段でプリウスを購入するためには、事前にしっかりと値引き情報をチェックしておき、なおかついろいろなテクニックについても、しっかりと知っておく必要があるでしょう。

 

先ほども述べたように、プリウスのような人気の車種になれば、いくら値引き情報をチェックしておいても、実際にはそこまでの金額は期待できないことが多いものなのです。

 

そうなると、プリウスの車両本体価格の値引き以外の部分でも、こちらでいろいろと工夫をする必要があるでしょう。

 

 

ディーラーで車を買う際に、特に注意しておきたいのが、下取り車がある場合です。

 

あなたが新しく車を乗り換えるために、今まで乗っていた車をディーラーに下取りに出すとしましょう。

 

下取り車というのは、これから新しく購入する車の代金に充てられるのです。

 

ここをディーラー側ではうまく調整することで、いかにもかなりの値引きがあったように見せかけることが可能になるのです。

 

たとえば、車自体に50万円値引きがあり、下取り価格が50万円だったとしましょう。

 

この場合であれば、合計で100万円を割引されたことになりますね。

 

しかし、ディーラーから頑張って値引きを75万円にしましたと言われて喜んでいたとしても、実際には、下取り価格が20万円になっていたということもよくあることなのです。

 

こうなると値引きの合計額というのは95万円になりますから、先ほどよりも損をしていることになるのです。

 

下取り車がある場合には、こういった点を注意しないと損をしてしまうでしょう。