プリウス下取り車で注意したいこと

プリウス下取り車で注意したいこと

プリウスはまだまだ人気のある車で、今ではまだ大幅な値引きが厳しい車種といえるでしょう。

 

インターネット上にある値引き情報を見てみても、「値引き額50万円!」といったものも見られるのですが、実際のところ、そこまで高額を値引きしてもらうのは、ほとんど無理と考えていた方が良いかと思います。

 

ネット上にあるこういった値引き情報をそのまま鵜呑みにしてしまうのは、危険ですから、参考程度にしましょう。

 

実際のところは、プリウスの値引き額というのは25万円前後であれば、十分に合格ラインといえるでしょう。

 

これからプリウスに乗り換える予定がある人の多くは、新車を購入するディーラーに今まで乗っていた車を下取りに出すかと思います。

 

この下取り車をどう活かすかによって、お得度が大きく変わってくるので、十分に注意するようにしましょう。

 

最初にも述べたように、ネット上で調べる値引き情報には50万円や60万円と大幅な値引きしてもらったという話がよくあります。

 

実はこのような値引き情報には仕掛けがあり、そのカギとなるのが下取り車なのです。

 

たとえば、これからあなたがもしも営業マンからこう言われたらどう思うでしょうか。

 

「通常なら、ここまでの値引き額というのはないのですが、今回は特別に許可が出たのでプリウスの車体価格を60万円まで値引きします」

 

この言葉を聞いた、恐らくほとんどの人は「やった!」と思うはずです。

 

しかし、こういった値引きは、実は下取り価格を調整することで簡単にできることなのです。

 

簡単に言うと、もしも大幅に車両本体価格を下げたとしても、下取り価格を下げることで、店側の利益は全く変わらないというわけなのです。

 

あまりこのような情報に詳しくない人の場合、下取り価格までに考えが及ばないので、単純に値引き額だけで喜んでしまうことが多いようなのです。

 

このようなディーラーの話術にハマらないよう、下取りへ出す前にはしっかりと値引きの相場を掴んでおくことが重要になるでしょう。