団塊世代、定年を迎えたのを機に、ミニバンを購入する人がとても増えている

団塊世代、定年を迎えたのを機に、ミニバンを購入する人がとても増えている

今、団塊世代と、そしてミニバンが注目されているのをご存じでしょうか。

 

これはいわゆる団塊世代の方たちが定年を迎えたのを機に、ミニバンを購入する人がとても増えているからです。

 

ではいったい何故ミニバンになるのでしょうか。

 

それは若いころには仕事に忙しくて、子どもたちへの世話が十分にできなかったことに対する後悔の気持ちからだったり、あるいは孫たちと一緒に出かけたいという思いがあるようです。

 

もちろん、ミニバンを選ぶすべての人がそう思っているわけではないでしょうが。

 

ただ、日本国内の自動車業界では、今、団塊世代と呼ばれているシニア向けのミニバン営業を積極的に行っているそうなのです。

 

テレビなどで、この団塊世代とミニバンの関係をバン買い世代と表現したこともあり、それがさらに注目されるきっかけとなったようです。

 

しかし、現実的には団塊世代だけがこのミニバンを購入しているわけでは、もちろんありません。

 

若いお父さんたちも、小さな子どもたちを連れて遊びに行く時には、このミニバンを利用することが多いですね。

 

団塊世代の大人たちが子どもの世話をしてこなかったと言う点でも、やはり個人差が大きいでしょう。

 

自分の時間が十分に持てるようになった団塊世代にとっては、自分たちの子どもや、さらに孫の世話が自分のこれからの役割だと感じているのだと思います。

 

今後、ミニバンがシニア世代に向けて、さらにモデルチェンジする可能性もあるでしょう。

 

ミニバンは若者よりも需要が高くなっているのです。

 

シニアが好みそうなデザインだったり、装備を充実させることによって、より売り上げを伸ばしたいという業界の思惑があるのでしょう。

 

これによって産業全体をけん引していくことができれば、それはとても良いことですね。

 

もしもあなたが団塊世代であれば、いったい自分がどのような車を購入するかを想像してみてください。

 

そして、より自分の人生を充実させていきませんか。