ミニバンは団塊世代の気持ちをわかってる

ミニバンは団塊世代の気持ちをわかってる

団塊世代の方達の気持ちを代弁しているようなニュースや記事などを目にする機会が多くなりました。

 

ちょうど今、団塊世代の方達が定年を迎えて、これからの過ごし方をどのようにしようかと考えようとしているのでしょう。

 

自分の子どもたちや孫と、いったいどのような接し方をするのでしょうか。

 

それが今のようなミニバン購入につながっていると見られているのです。

 

自分達が若い時に、子ども達の世話をしっかりとできなかったことを後悔して、これからでもいいから何か世話をしたいと思っているようです。

 

今ならそのためのお金も時間も十分にあルのです。

 

自動車業界では、このようなシニアへのミニバン営業を積極的に展開しようと考えているのです。

 

もちろん、すべての団塊世代の方達が同じ気持ちでいるわけではないでしょう。

 

しかし、平均してみると、その気持ちは皆さん少なからずあるでしょう。

 

自分の子どもや孫たちから優しいおじいちゃんと言われて、嬉しくない人はまずいないでしょう。

 

自分のところにミニバンでやってくれば、それに乗って孫たちを遊園地に連れて行くことが出来ます。

 

若い夫婦たちは小さな子ども達をおじいちゃんに預けて、自分たちの時間を持つことも出来ますね。

 

お互いに大きなメリットがあると考えることが出来ます。

 

もちろん、ミニバンがなければできないわけではないでしょう。

 

ただ、ミニバンのように大人数が乗れる車があれば、活動範囲を広げてくれることは間違いないですね。

 

あなたは団塊世代の方でしょうか、それともその団塊世代の子どもでしょうか。

 

いずれの立場であったとしても、ミニバンが両者をつないでくれる可能性は高いでしょう。

 

家族みんなが少しでも楽しく過ごすことができるなら、ミニバンの購入は検討すべきです。

 

もしかすると、団塊世代としては自分のためにやることで、自己満足にすぎないと批判されることもあるかも知れません。