団塊世代へのミニバンの人気の広がりは自動車業界からは強い期待が

団塊世代へのミニバンの人気の広がりは自動車業界からは強い期待が

団塊世代の人たちが、家族の時間を取り戻すためにと、最近、ミニバンを購入することが多くなってきているそうなのです。

 

つまり、最近急激にミニバンの需要高まっているそうなのです。

 

自動車業界では、これを機に新車、中古車のミニバンを積極手に販売してきています。

 

ミニバンを団塊世代へ売り込もうとしているのです。

 

もちろん、すべての人たちがミニバンを求めているわけではないのですが、今後、需要は高まると考えられています。

 

2013年、2014年の自動車の市場動向を少し見てみると、明らかにミニバンの売り上げが急激に伸びているのです。

 

そして、中古車販売業者でも、その傾向に敏感になっています。

 

まずは今のところ、ミニバンがおすすめと言うことでしょう。

 

これまでであれば、若いお父さんと家族のためのミニバンと言うイメージが皆さん強かったと思います。

 

これからはミニバンは、シニアの車となるようなのです。

 

ですから、今後はシニア向けにと、より運転しやすいミニバンも登場することでしょう。

 

インテリアなどもシニア世代に合わせて、モデルチェンジもされていくと思います。

 

このような団塊世代を除けば、車の人気は軽自動車やコンパクトカーへの移行が進んでいるようです。

 

これまでのように大きな車よりも、よりコンパクトで省エネを考える人が増えているのです。

 

そのため団塊世代へのミニバンの人気の広がりは自動車業界からは強い期待が持たれています。

 

積極的な営業展開も必然のことでしょう。

 

家族構成によっても車のサイズなどは大きく違いますね。

 

団塊世代の子どもは多いですね。

 

そしてさらにその孫を入れると3列シートが必須となってくるのです。

 

今まであまり持てなかった家族の時間を取り戻すことが、団塊世代の今の気持ちと考えらえています。

 

これまで全くその気がなかったシニアの人たちでも、世の中の流れでミニバンが欲しくなる可能性が高いでしょう。