今後もしばらくは団塊世代のミニバン人気が続く

今後もしばらくは団塊世代のミニバン人気が続く

最近、急激にミニバンの購入者層が変化していると言われているのをご存知でしょうか。

 

それは団塊世代の方達です。

 

団塊世代が最近定年を迎えていますので、これからどのような生活をするかを皆さん考えているのです。

 

家族との時間をこれから取り戻したいと思って、子どもや孫たちと一緒に出かけることを考えているようなのです。

 

そのためには、大人数が乗れるミニバンが必要になるのです。

 

車は時代の流れとともに、コンパクトカーの需要が高くなっています。

 

年々、軽自動車の販売台数もグンと伸びてきています。

 

ですから、団塊世代だけではなく、その前後の世代でも、今後は同じようにミニバンを購入してもらいたいと自動車業界では考えているようです。

 

ただ今後もしばらくは団塊世代のミニバン人気が続くと思われています。

 

ではいったいどのようなミニバンが、シニア世代に人気なのでしょうか。

 

ヴォクシーやノアと言うのはトヨタのミニバンですね。

 

これらはこれまでにも、たくさんの販売実績があります。

 

若いお父さんのためのミニバンと、そしてシニア世代が求めるミニバンは、やはり違うバージョンになるのでしょうか。

 

団塊世代の方達は定年を迎えても、自分たちはまだまだ若いと言う気持ちが強いでしょう。

 

ですから、若者向けの車の方がシニア世代にも人気があるかも知れません。

 

自分のための車と言うよりも、やはり家族たちのための車と言う点がポイントとなるでしょう。

 

これまでは仕事一筋に一生懸命にやってきたのですから、これからは自分が好きなことを思うようにすればいいのです。

 

そしてそれが孫のお世話ということなのでしょう。

 

もちろん、それは、子どもや孫たちが受け入れてくれる必要もありますね。

 

ただ、家族みんなが楽しくなるのであれば、どのような経緯であってもいいかと思います。

 

家族の時間を大切に楽しいものにしてほしいものです。