最近どうして団塊世代に、ミニバンが必要になってきたのでしょうか?

最近どうして団塊世代に、ミニバンが必要になってきたのでしょうか?

ミニバンは大勢の人が乗ることが出来る自動車です。

 

では最近どうして団塊世代に、ミニバンが必要になってきたのでしょうか。

 

若い頃に、家族と一緒の楽しい時間を過ごすことができなかった、という後悔から、今団塊世代がミニバンを利用するようになったということなのです。

 

もちろん、すべての人たちがそれを期待しているわけではないと思うのですが。

 

ただ、ミニバンの売れ行きというのが、団塊世代の購買状況によって大きく変化するでしょう。

 

ちょうど定年を迎えたばかりの団塊世代の人たちが、たっぷりの時間を子どもや孫のために使おうとしているのです。

 

これはとても楽しい話ですから、誰でも好感を持っていろんな場所で話題にしているのです。

 

団塊世代をバン買い世代とはよく言ったものですよね。

 

今更、子どもの世話をするのも恥ずかしいかも知れませんが、バン買い世代などと言われると、誰でもスムーズにミニバンを購入することができるのでしょう。

 

もちろんなのですが、ミニバンは団塊世代だけが購入しているわけではないですね。

 

当然、若いお父さんたちも、子どもをミニバンに乗せてどこかに遊びに行くのです。

 

海でも山でも好きなところにミニバンがあればラクラク行くことが出来るでしょう。

 

そして、おじいちゃんたちも一緒に連れて行くこともできますね。

 

楽しい家族旅行となるでしょう。

 

団塊世代がいつの時代でも、このように日本の市場を変えてきたのです。

 

つまり、団塊世代の人たちが購入するものが、たくさん売れていくのです。

 

本当にこのミニバンが必要であるとも言えないでしょう。

 

しかし、世の中が団塊世代にとっては、ミニバンが似合うと言い始めると、やはり当人たちもその気になってしまうものです。

 

若い時でも子どもたちの世話をしなかったわけではないでしょうが、やはりミニバンを購入したくなるのでしょう。

 

世の中の需要と供給というのは、このような影響を受けて作られるのかもしれません。