団塊世代のためのミニバンを比較してみよう

団塊世代のためのミニバンを比較してみよう

今、団塊世代の多くがミニバンを購入していると言う話がどんどん広がっていますから、メーカーとしても団塊世代をターゲットにしたミニバンを市場に多く投入しているようです。

 

それらのミニバンは、これまでのミニバンとはいったい何が違うのか比較してみることにしましょう。

 

ただしここで、考えておかなければならないのは、自動車のトレンドというのは、今ミニバンではないと言うことです。

 

時代的には、エコ志向という流れですから、エコカーやスマートカーなどの方が注目されているのです。

 

すべての世代を見れば、エコカーや軽自動車の需要が高くなっています。

 

その中にあって、ミニバンの巻き返しの切り札として、今、団塊世代が注目されているようなのです。

 

自分たちの孫のためにと、ミニバンを購入している団塊世代が本当にたくさんいるのでしょうか。

 

各社ともミニバンを販売していますね。

 

トヨタはエスクァイアや、ヴォクシー、日産からはセレナ、ホンダスはテップワゴン、フリード、マツダからはプレマシーなどなどがあります。

 

もちろん、価格帯もさまざまで、100万円台の安い車種から、300万円レベルまで幅広く用意されています。

 

ミニバンに共通していることですが、どれも7人以上が乗れることです。

 

最近では、夫婦でのミニバン車中泊をして、気軽な旅行を楽しんでいるケースもあります。

 

燃費だったり装備も自分たちが本当に必要なものを取り付ければいいでしょう。

 

つまり、どのメーカーのミニバンを選んだとしても、それほど極端な差はないと言うことです。

 

また、団塊世代の人たちが特別に好みそうなミニバンと言う分類があるわけではありません。

 

これまでにある車のシリーズを充実させることが大切でしょう。

 

これまで普通車を所有していた人は、それを下取りにしてから、新たにミニバンを購入するでしょうから、同じメーカーのミニバンを選択するでしょう。