団塊世代のためのミニバンの人気ランキング

団塊世代のためのミニバンの人気ランキング

最近とても売れているミニバンのランキングを見てみることにしましょう。

 

何故最近になって、このミニバンが話題になるかと言うと、団塊世代の人たちがミニバンを購入しているからだそうです。

 

本当に実際ミニバンを購入しているのが団塊世代かと言う疑問は残るのですが、インターネット上の情報だけでは正しく確認することはできないでしょう。

 

さて、ミニバンの価格ですが、本体価格だけではなくて、装備も含めたトータルの価格を考えると、トレンドの車種であれば、300万円を越えるようです。

 

それでもお金に余裕のある団塊世代であれば、ミニバンを購入できると言うことなのかもしれないですね。

 

箱型ミニバンで人気があるのは、トヨタのヴォクシーやノア、日産のセレナや、他にもホンダのステップワゴンでしょう。

 

また、少し高くなるとホンダのオデッセイなども人気があります。

 

トヨタのヴォクシーとノアは同じ車のことです。

 

この人気の理由は、2014年にフルモデルチェンジをしているからです。

 

時代を反映してからか、本格的なフルハイブリッドがラインナップされているようです。

 

燃費の良さは他社に大きく差を付けているようです。

 

ハイブリッドカーにもなれば、価格は350万円台となります。

 

オプション装備をどうするかも悩ましいところですね。

 

高遮音性ガラスの採用による静かさや、短距離低速でのEV走行などの魅力的な機能がたくさんあります。

 

日産のミニバン、セレナの場合には、運転性能よりも、より安全性を高める車となっているようです。

 

例えば、障害物を検知して衝突回避をしたり、被害軽減が可能となったマナージェンシーブレーキや、さらに車線逸脱で警報を鳴らしてくれるLDWなどが標準装備となっているのです。

 

また、万が一のペダルのふみ間違いによる衝突防止の機能も搭載されています。

 

より団塊世代を意識した取り組みになっているように見えますね。