ミニバン、団塊世代とその子ども世代が与える影響

ミニバン、団塊世代とその子ども世代が与える影響

団塊世代と言うのは、戦後のベビーブームで生まれた人たちのことを言います。

 

そして、その団塊世代の子どもが団塊世代2世と言われています。

 

もちろん、人口比率で見れば、これらの世代は突出した割合となっているわけなのですが、彼らの消費動向というのが市場を大きく動かしていくことになるのです。

 

団塊世代の人達の多くがミニバンを購入していると言うデータが注目されるようになって、誰でもが、このミニバンに注目するようになっているようです。

 

ただ、団塊世代の人たちは比較的お金に余裕がありますから、ミニバンの価格が下がるわけではなくて、より装備が充実するのです。

 

若い世代で、これと同じような車を購入することはなかなか無理でしょう。

 

もちろん、カーローンを利用すると言う手段もありますから、具体的にどのような車の買い方をするかは、人それぞれの考え方次第ということになるでしょう。

 

ただ、団塊世代の人たちにも当然、車は必需品ですから、ある程度の年数で買い替えることになるでしょう

 

買い替え時に、今後の目的を考えると、このミニバンも悪くない選択肢となるのでしょう。

 

時代とともに車のトレンドも変化するものですが、団塊世代のこのような消費意識は市場に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

 

ミニバンの価格帯ですが、200万円から400万円程度となっています。

 

その中で自分が希望の車種を探すことになるでしょう。

 

決してミニバンは、安い車ではありません。

 

もしもお金に余裕がなければ軽自動車と言う選択肢も出てくるでしょう。

 

最近の流れで、ただ団塊世代だからと言うだけで、誰もが無理してミニバンを購入することはないのです。

 

子どもとの時間を十分に取れなかった人が多いと言うだけで、今になってみんながみんな、孫の世話をしたいと考えているわけではないでしょう。