団塊世代の車選びで大切なこと

団塊世代の車選びで大切なこと

団塊世代の日本の人口に占める割合はかなり高いですから、当然ながら、彼らの動向が世の中の動きに大きく影響すると言われています。

 

この団塊世代とその家族だけで、なんと約1,000万人とも言われています。

 

これからいったいどのような車を購入したいかと言う問いに対して、皆さんはどのような答えを出すのでしょうか。

 

最近は、ミニバンを購入したいと思っている人が多いと言うことなのですが、本当のところはどうなのでしょう。

 

比較的裕福なのが団塊世代ですから、皆さん、これからの定年後は、悠々自適に過ごしたいと思っているのでしょう。

 

そしてたまには、小さな孫の面倒を見るのです。

 

そのためだけに、高価なミニバンを購入するのは、少しもったいない気もします。

 

団塊世代のなかにもそう考えている人も多いわけですから、ミニバンが今後、極端に人気となることはないと考えていいではないでしょうか。

 

それではいったい、どのような車を購入するのがいいのでしょうか。

 

まずは年齢的に、カーローンを組まずに、やはり現金で支払うことができる金額である必要があるでしょう。

 

最近のミニバンというのは、どれも装備が充実しており、すぐに300万円を越えてしまうほどなのです。

 

それでも購入できる人たちは買うのでしょう。

 

団塊世代の女性たちというのは、仲の良い友達とすぐに海外旅行に出かけているようです。

 

しかし男性は、なかなか融通が利かないようです。

 

そのために小さな孫にゴマをすることになる人が多いのかも知れません。

 

家族との時間をこれから取り戻すのではなくて、自分の居場所を確保するためにと、孫を取り込んでいるように見られます。

 

ミニバンには、実にたくさんの種類があります。

 

安い車種であれば、100万円台でも購入できるでしょう。

 

費用が問題な場合には、ミニバンの中古車と言う選択肢もあるでしょう。

 

自分の目的をしっかりと考えてから車選びを始めることが大切です。