孫と一緒にミニバンに乗りたい団塊世代

孫と一緒にミニバンに乗りたい団塊世代

ではここで、団塊世代と、その孫の関係について考えてみることにしましょう。

 

なにも団塊世代でなくても、孫の面倒を見てやりたいと思っているおじいちゃんは多いはずです。

 

ただ、団塊世代というのは、日本の人口に対する割合がとても高いため、その行動パターンというのが常に注目されてしまうのです。

 

特に定年後を、みんながいったいどのように過ごすのかが、日本経済に大きな影響を与えるでしょう。

 

おじいちゃんと孫と一緒に出かけることはとても良いことです。

 

ただ、孫にはお父さんもいますね。

 

やはりお父さんと一緒に出掛けることの方が多いはずです。

 

もしかすると、そこにおじいちゃんの出番はないこともあるでしょう。

 

これから新たにミニバンを購入して、孫と出かけたいならば、やはり事前に話を通しておくべきでしょう。

 

団塊世代の方で、これからミニバンを購入したいと思っているなら、市場はかなり活気づくでしょう。

 

車の需要がグンと大きく伸びることでしょう。

 

ただ、団塊世代の多くがこれからミニバンを購入すると言うことは、それまで乗っていた車を手放すことになりますから、やはりトータルとしての自動車市場の需要は変わらないことになります。

 

車種が変わるというだけなのです。

 

ただ、これからどんどんと団塊世代をターゲットとしたキャンペーンなども開かれていくことでしょう。

 

積極的に多くのお客さんを取り込もうとする、メーカーの営業活動が活発化していくでしょう。

 

いずれにしても、これは一時的なことにすぎませんから、これだけで日本経済が極端に変わることもないでしょう。

 

団塊世代が定年を過ぎてから、病気がちになってくると、今度は病院が問題となることもあるでしょう。

 

やはりどのような状況になったとしても、人口が多いといろいろな問題を引き起こしてしまうのです。

 

しかしこれは団塊世代が悪いわけではありませんから、国や会社はこのような傾向をしっかりと前もって把握しておくことが大切になっていくでしょう。