水没車は廃車になってしまうの?

水没車は廃車になってしまうの?

水没車というのは、その名の通り水に浸かってしまった自動車のことですが、その水没した程度によっても傷み具合は大きく変わってきます。

 

つまり、どこまで水に浸かってしまったのか、あるいは真水か海水かによっても、傷み具合はかなり変わるのです。

 

中でも一番傷んでしまうのは、電気系統でしょう。

 

次第に錆が発生したりまたは断線したりしていることが十分に考えられますから、水没車の再利用というのはかなり難しくなるのです。

 

もちろん、自分で修理できるレベルではないでしょう。

 

自動車というのは、エンジンだけで走っているわけではないですよね。

 

エンジンやメーターなどをきちんと制御するためのコンピュータが自動車には内蔵されているのです。

 

自動車が水没することによって、これらの制御系統がまともに作動しない状態となっているのです。

 

つまり、普通の車としての利用価値はないと考えるべきなのです。

 

それでも査定の際には、ある程度の価格で買い取りをしてくれる場合もあるのです。

 

そのためには、自動車にある程度利用価値のある部分がきちんと残っていることが条件となります。

 

床下だけの浸水の場合には、パネル面やエンジンなどはしっかりしたままかも知れませんし、カーナビなども正常なままでしょう。

 

このような水没車は、買い取り専門業者がインターネットで掲載されていることがありますが、その査定についても程度問題と考えておきましょう。

 

例えば津波などで完全に水没してしまった場合には、何も見ずに廃車となりますし、大雨で立ち往生してしまった車の場合はケースバイケースでしょう。

 

もしも再利用していて何か調子が悪い部分があると思ったら、点検に出すかあるいは廃車にすることを考えましょう。

 

時には水没車を購入しているような人もなかにはいます。

 

これは水没車と言うことの本当の意味をよく理解していないのかと思います。

 

エンジンが水に浸かっていなければ自動車は動くと思っているのではないでしょうか。