水没車の特徴を紹介

水没車の特徴を紹介

水没車でも、査定によっては売れることもあるのです。

 

しかし、このような場合には、水没車の状況が比較的軽症だったと考えられるでしょう。

 

基本的には、水没してしまった車は、査定を待つまでもなく廃車となるのが一般的です。

 

それではなぜ水没車というのは、廃車となってしまうのでしょうか。

 

では水没車の特徴を紹介してみますね。

 

まず、水が自動車の中にどこまで入ったかによって状況は大きく変わってしまうでしょう。

 

もしもエンジンに水が入った場合には、間違いなくエンジンは壊れてしまっているでしょう。

 

万が一壊れていなくても再利用はできないと考えるべきです。

 

しばらく動いたとしても、すぐにエンストを起こしてしまうことでしょう。

 

これはウォーターハンマーと呼ばれる現象で、これでエンジンは再起不能となってしまいます。

 

大雨によって立ち往生した車をニュースなどでも見ることがありますが、床下までの浸水の場合にも、自動車にとってはかなりの被害となります。

 

自動車の床下には前後をつないでいる駆動系と電気系統が走っているからです。

 

それらが水に浸かってしまうことで、錆が発生することも考えられるでしょう。

 

電気系統が浸水すれば断線となります。

 

断線まで行かない場合でも、接触不良のため、ランプが付いたり消えたりすることが起こるでしょう。

 

自動車をスムーズに動かすためには油圧機を使っていますが、油分が水に溶けだしたために、それまでのようにスムーズに動かなくなる可能性も高いですね。

 

中古車市場などでは、一見シート部分はとてもきれいにしているため、何の問題もないと思ってしまう人が多いようですね。

 

もちろん、問題がある場合には、事故車や水没車として記録されていますが、もしも悪徳業者に引っかかると大変な買い物をしてしまう可能性もあるでしょう。

 

車検をパスしている自動車なので、見た目は正常なのですが、決して長く乗ることはできないでしょう。