水没車の買い取りはできるの?

水没車の買い取りはできるの?

もしも、あなたの車が大雨で水没車となってしまったら、いったいあなたはどうしますか。

 

このような水没車の買い取りをしてくれるところがあるのでしょうか。

 

実際には水没車であっても、買い取りしてくれる業者はとてもたくさんあります。

 

ではその理由はどこにあるのでしょうか。

 

まともに動くとは到底思えない水没車なのに、査定していくらの価格が付けられるのでしょうか。

 

実は意外と高い査定額で、中には30万円、50万円と言った査定額となるケースもあるのです。

 

もちろん、それぞれの水没車の状況によってかなり額は異なりますから、査定を受けるまではどのくらいになるかはわかりません。

 

インターネットなどに、実績として掲載されているケースというのは、一番高いケースと考えていいでしょう。

 

自動車というのは万が一水没しても、他に再利用できる部品がたくさんあるのです。

 

自動車として走行できないとしても部品取りの費用だけでも十分に利益があるのです。

 

タイヤであれば、問題なく再利用できますから、中古タイヤとして販売されます。

 

ここで一番のネックとなるのは電気系統です。

 

これは走行中に突然、異常な動きをする可能性がとても高いため、もしも乗り続けるならすべて交換するようにしましょう。

 

また、車に使用されているレアアースなどの高額な資源などは、廃車と同じようにしっかりと採取されているのです。

 

水没車や廃車などを専門的に解体していって、他に再利用する業者がたくさんいるのですね。

 

日本の車の80%程度は、部品などがまたリサイクルに回されていると言われているほどです。

 

それだけ日本の解体技術は進んでいるのですね。

 

自動車が水没したからと言って、この解体にはほとんど影響がないのです

 

臭いや錆などが発生してしまうのは、ほとんど関係ないからです。

 

自分の水没車をそのまま廃車にしてしまうのはとても勿体ないですから、まずは買い取り業者に査定を依頼してみるのがおススメですよ。