水没車になってしまったときのポイント

水没車になってしまったときのポイント

万が一、愛車が浸水してしまった時のポイントをここで簡単に紹介しましょう。

 

もちろん、少しでも浅いところへ移動することが基本になるのですが、それができるくらいなら水没車になることもないでしょう。

 

ただし、水没車になってしまっても、その後の対応によって、被害を最小限にとどめることは可能です。

 

まず、エンジンをかけてはいけません。

 

もしも、エンジンルームにまで水が入っていると、エンジンをかけた途端に、すぐにエンジンが破損してしまうことになるのです。

 

外部からの空気を圧縮して車を動かすことがエンジンの役割なのですが、エンジンで水を圧縮することはできませんから、エンジン側が水力に負けて破損してしまうのです。

 

しかし車を移動させなければならない場合もあるでしょうから、そんな時には、シフトレバーをニュートラルにしてから、自力で押して動かしましょう。

 

男性の大人が2名もいれば、大抵の車は動かすことが可能です。

 

要するに水没車にはエンジンをかけないことが重要なポイントです。

 

また、最近流行しているハイブリッドカーや電気自動車の場合には、電気系統がやられている可能性が高いですから、感電する恐れがあります。

 

車両からすぐに離れて整備工場などにまずは連絡するようにしましょう。

 

特に塩水の場合には、錆の進行が早いですし、さらに電気を通しやすいため、感電する可能性が高くなります。

 

また、バッテリーのプラスとマイナスがショートしてしまい、火花が出ることもあります。

 

海水の場合、水が引いた後でも塩分はそのまま残っていますから要注意です。

 

車両火災になってしまう可能性もあるのです。

 

このような水没車の買い取りのための査定がありますが、その症状によって査定額は大きく変わってしまうでしょう。

 

水没車の場合、相場などはありませんから、ケースバイケースで査定されているようです。

 

とても残念なことですが、もしも水没車になったら、潔く諦めた方がいいかもしれませんね。