水没車の査定でどうして高値が付くの?

水没車の査定でどうして高値が付くの?

水没車でも買い取りしてくれる業者がいます。

 

査定をしてから金額は決まりますが、手数料を支払ってから廃車にしていたような水没車でも10万円、20万円の値が付くこともあるのです。

 

いったいこれはどう言うことなのでしょうか。

 

水没車の需要が高いと言うことなのでしょうか。

 

これまでの水没車が、いったいどのように処分されていたかと言うと、そのほとんどがスクラップとして潰されてしまっていたのです。

 

つまり、水没車というのは再利用することがほとんどなかったのです。

 

しかし、現代では、リサイクル法などという国からの支援もあり、原則としてどんな商品でもリサイクルを前提にして考えるようになったのです。

 

それが車にまで浸透してきたということです。

 

水没車であってもそこから部品を取り外して、中古部品として販売することが可能です。

 

これが意外と高く売れるのですから、買い取り業者の査定額が高くなるのも当然です。

 

一部分のみの部品取りですから自走できるかどうかは全く問題ではありません。

 

運搬費などは、業者が自ら運転するトラックで運ぶのですから、ほとんど経費はかからないのです。

 

このビジネスによって大きな利益を得ている会社が増えたため、最近はとても競争が激しくなりました。

 

少しインターネットを見てみると、自社こそ一番だと言う言葉ばかりが並んでいます。

 

もちろん、どの会社であっても同じことを言いますから、すべてを信用してはいけません。

 

ただ、新車買い替えのための下取りとして、手放すよりも、このような買い取り業者の査定を受けてみた方がいいかと思います。

 

ダメ元と思いましょう。

 

廃車にするためにはどうしても手数料などがかかりますが、車を新たに購入した時にリサイクル料金を支払っています。

 

したがって、実質的にはほとんど費用はかからないでしょう。

 

ただ、全く動かなくなった水没車というのは、そこから移動させることだけでも大変なことです。