軽自動車は中古車市場でも大人気

軽自動車は中古車市場でも大人気

現在、軽自動車の市場がどんどん拡大しています。

 

その需要というのは年々高まっているようです。

 

この理由として挙げられるのは、燃費の良さや、税金の安さなどでしょう。

 

たくさんの人ができるだけ出費を抑えたいと思っているのです。

 

また軽自動車は、小さなボディですから、非常に小回りが利きますね。

 

ですので、運転しやすいことも大きなメリットとして挙げられます。

 

その傾向というのは、中古車市場にも同様に広がっています。

 

軽自動車の中古車市場でもどんどん拡大しているのです。

 

ただ、軽自動車の中古の場合には、意外と値落ちが少ないと言われているようです。

 

つまり、中古車であってもなかなか価格が下がらないのです。

 

あまり値段が変わらないのなら、新車を購入した方がお得になると思いますよね。

 

日本での軽自動車の生産技術というのは、年々高まっており、新車の方が燃費も確実に良くなっているのです。

 

あまり価格が新車と変わらない中古車であれば、誰もが迷ってしまうのは当然のことでしょう。

 

軽自動車の中古の価格というのは、3年落ちで新車の7割台を常にキープしていると言うデータもあります。

 

もちろん、中古車の個体差というのも当然ありますが、3年で7割台をキープというのは、かなり高いと考えていいでしょう。

 

普通車の場合には、5割のレベルです。

 

さらに面白いことに、それよりも古い車になると、逆に割高感がもっと強くなっているのです。

 

7年落ちぐらいの軽自動車を購入するくらいなら、ちょっとお金を貯めておいて新車を購入した方がいいと思いますよね。

 

もちろん、それぞれ、中古車に対してどのような考えを持っているかによっても、その価格を高いと感じるか、妥当だと思うのかどうかは違うでしょう。

 

今のように、軽自動車の価格が下がらないというのは、それだけ軽自動車に需要があるからです。

 

軽自動車なら、新車でなくてもいいと思っている人が多いということなのです。

 

あなたも実際に軽自動車の価格を調べてみてはいかがでしょう。