軽自動車の新車と中古車の価格

軽自動車の新車と中古車の価格

中古車の価格というのは、当然その車の状態によって大きく変わりますから、一概に中古車の方が安いかどうか判断できません。

 

新車の場合には、当然、軽自動車の方が普通車よりも安いのですが、中古車の場合には、軽自動車の方が値落ち率が悪くなる傾向のようです。

 

つまり、同じ年式の中古車の場合には、軽自動車の方が割高感があるということです。

 

もちろん、軽自動車は定価が安いですから、絶対的金額は当然安くなります。

 

しかし、あまり年数がたっている軽自動車の場合には、新車を購入した方がいいと思えるほどの価格です。

 

軽自動車の魅力というのは燃費の良さや税金の低さ、運転のしやすさにあると思います。

 

燃費と税金というのは、直接金額で比較できますから、普通車を購入することを考慮すれば、中古車が少しくらい高くても十分に元が取れると考える人が多くなっているようです。

 

軽自動車であっても、人気の車種ではそれだけ販売価格も高くなります。

 

ただ、中古車を購入する際には、業者の選択に気を付けなければなりません。

 

嘘の情報をお客さんに提供することはないとしても、実際に車に自分で乗ってみなければわからない部分もあると思います。

 

新車であればクレームとしていくらでも上げることができますが、中古車の場合には、契約後の保証を付けていなければ、クレームが認められないのです。

 

修理歴の有無などの情報は、正確な情報を提供することが中古車販売業者の義務となっています。

 

まずは自分が信頼できる業者を探すことから始めるようにしましょう。

 

その後で、自分が希望している中古車を探すようにしてください。

 

軽自動車の中古車情報というのは、かなりの数があります。

 

これらを全部見るのは現実的ではありませんから、希望する価格帯で絞り込んで探すのが一番の早道でしょう。

 

そして、最後は現物を見てから検討しましょう。