軽自動車の税金が、税制改革で変わる?

軽自動車の税金が、税制改革で変わる?

軽自動車が人気ですが、軽の大きなメリットとしては、やはり税金面での優遇でしょう。

 

普通車に比べてみると、軽自動車の税金は、なんと半額以下となっているのです。

 

今のように、軽自動車が普及してきたのは、このような税制面の影響がとても大きいでしょう。

 

このような軽の人気は、中古車市場でも同じことです。

 

購入時には、車庫証明などが必要ありませんから、誰でも気軽に購入できるメリットもあるのです。

 

しかし、国の税制改革の一環によって、軽自動車税の増税がすでに決まっています。

 

過去においても何度か軽自動車税が増税された事があります。

 

誰でももちろん、税金が少ない方がいいに決まっていますよね。

 

ただ、今後、増税されたとしても、今軽自動車に乗っている人たちは、これからも継続して軽を保有することでしょう。

 

やはり普通車と比べれば、増税後であっても安く済むからです。

 

このような税制面でのメリットがなければ、軽自動車の存在意義はあまりないでしょう。

 

どうしても乗り心地に関しては普通車の方がいいからです。

 

しかし車体が小さいですから、運転面でのメリットがあります。

 

ただ普通車であっても車体が小さい車も最近はたくさん販売されていますから、どうしても軽自動車でなければならない理由はなくなってくるのです。

 

これからの増税に対しては、軽自動車ユーザーだけではなくて、自動車業界も強く反発しているようです。

 

自動車産業というのは、中古車市場を含めるととても巨大な市場なのです。

 

その巨大な市場を大きく揺るがす可能性のある増税ですから、簡単に決められることではないでしょう。

 

軽自動車の増税に賛成する人はとても少ないですが、国の税制改革もやはり進めなければならないことは事実なのです。

 

国としてはその落としどころが難しいところなのでしょう。

 

国と自動車業界の調整ができれば、今後増税は避けることが出来ないでしょう。

 

今後も軽自動車に乗り続けたいと思っているのであれば、より燃費の良い車の乗り方を心がけるようにした方が良いでしょう。