軽自動車と燃費について

軽自動車と燃費について

やはり、軽自動車の方が普通車よりも、より燃費が良いと言うことは、これは半ば常識として知られていることでしょう。

 

しかしこれは、本当にそうなのでしょうか。

 

軽自動車の燃費が普通車よりも良いのは、使用する用途が違うことにあるのです。

 

例えば、大人を4人乗せて高速道路を走るとなれば、燃費はかなり悪くなることでしょう。

 

ただ、現実問題としては、軽自動車でそのような乗り方をする人はまずいないでしょう。

 

時には軽自動車でも高速道路を走ることがあるかもしれませんが、日常的なことではないはずです。

 

このようにして考えますと、軽自動車の方がより燃費は良いと言って間違いないのです。

 

ただ、中古車の場合ではどうなのでしょうか。

 

最近の新車は、どんどん燃費が良くなっています。

 

どうしても年式が古い中古車の場合には、その当時の燃費の実力しか持っていません。

 

特に最近の日本では、アイドリングストップが一般的になっています。

 

軽自動車のアイドリングストップというのは、渋滞などではとても大きな威力を発揮します。

 

毎日の通勤の足として軽自動車を使いたい場合には、中古車よりも新車を選んだ方がメリットが大きいかも知れません。

 

もちろん、中古車の方が車体価格が安いですから、その分のメリットもやはり捨てがたいですね。

 

これから、自分がどのような乗り方をしたいのか、をまずはしっかりと考えてください。

 

その上で自動車の燃費のことを考えるのです。

 

軽自動車であれば、どれでも何でも燃費が良いとは言えないのです。

 

また、中古車の場合には、オプションでターボやスーパーチャージャーなどが付いていることもあります。

 

自分が知らないうちに、燃費の悪い軽自動車を購入している可能性もあるでしょう。

 

コンパクトで小回りが利く車なら、間違いなく燃費は良いと思って下さい。