日本だけの企画・軽自動車の問題とは

日本だけの企画・軽自動車の問題とは

軽自動車というのは、実は日本だけの規格なのです。

 

このことが軽自動車の問題として、取り上げられることがしばしばあるようです。

 

税制改革での増税問題などにおいても、軽自動車のサイズだったり、エンジンの排気量が話題となっています。

 

中古車市場が今とても人気を集めているのですが、これからの中古車というのは、外国への輸出もしっかりと視野に入れておくべきでしょう。

 

すでに日本国内だけでは飽和状態にあるのです。

 

もちろん、中古車自体の需要はとても高いですから、一定の需要はこれからもあるでしょう。

 

しかし、市場全体では、日本での限られたパイを、たくさんの自動車メーカーで奪い合っているのが現状となっています。

 

軽自動車の規格を緩和することを期待している人がたくさんいるのです。

 

しかし、そもそも日本で軽自動車と言う区分ができた背景を、全く無視することはできないのです。

 

普通車は購入の際と、維持費が高いですから、大勢の大衆の自動車購買を促進するためにと、こんにちのような軽自動車の規格が決定されたのです。

 

狭くて小さな車であれば、税金も安くて、さらに気軽に購入できるようにしたのです。

 

日本での軽自動車の増税されることが決まってから、自動車業界では現在の規格の見直しを求めています。

 

車のエンジンが、日本だけの規格になっているので、輸出する時はわざわざ取り換える必要があるのです。

 

これらの手間が、日本企業の海外進出の大きな障害となっているのです。

 

もちろん軽自動車を外国で生産すれば、そのような問題は発生しないでしょう。

 

国内の生産を海外に持っていってしまえば、日本産業の空洞化が進むことになるでしょう。

 

それは日本のメーカーとしてはどうしても避けたいところなのです。

 

あなたは今乗っている軽自動車で満足しているでしょうか。

 

少しでも車内が広い方がいいでしょうか。