日本での軽自動車について

日本での軽自動車について

女性に人気の軽自動車が日本に初めて登場したのは、昭和24年7月のことです。

 

現在の軽自動車の規格というのは、排気量660cc以下で、長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下と定められています。

 

軽自動車の規格が決められた当初では、さらにそれよりも小さくて、長さ2.8m、幅1.0m、高さ2.0mだったのです。

 

今よりも日本人の体格は小柄だったですから、これでも十分に乗ることができたのかもしれません。

 

その後、徐々に規格が見直されていき、現在の規格に落ち着いているのです。

 

軽自動車の魅力というのは、サイズが小さい分だけ、維持費が普通車よりも安くて済むことでしょう。

 

自動車税、重量税などは、普通車の半額以下で済みます。

 

また、車庫証明なども必要ないのでお手軽です。

 

購入するためのハードル自体がとても低く設定されているのです。

 

これは中古車でも状況は同じようです。

 

現在、軽自動車の中古車市場というのが、大きな注目を集めているようなのです。

 

しかし、さらに規格が見直されることによって、中古車ではなくて、新車を求める人が増える可能性もあります。

 

自動車業界全体から見れば、自動車の保有率が高くなるのですから、悪いことではないでしょう。

 

これから1台、軽自動車を購入しようと考えている人は、かなり悩ましいことでしょう。

 

しかし、今は新車よりも中古車の方がお買い得と言えるでしょう。

 

軽自動車というのは、主婦が子どもの送り迎えだったり、近くのスーパーへの買い物などの際に利用する例が多いようです。

 

もちろん女性だけではなくて、男性でも、コンパクトな軽自動車のメリットに大きな魅力を感じている人はたくさんいます。

 

日本でも高齢化社会となり、小回りが利いて、より運転しやすい軽自動車は、これからの日本社会になくてはならないアイテムと言えるでしょう。

 

また、燃費の良さも大きなメリットと言えるでしょう。

 

大きな排気量によって、乗り心地をよくするよりも、手軽に乗れる軽自動車でいいと思う人が増えてきたのです。