中古車オークション参加のための規約

中古車オークション参加のための規約

日本全国で展開している中古車専門のオークション会社があります。

 

このオークションに参加できる業者は、事前に会場運営業者による資格審査を受ける必要があります。

 

また、オークション参加のための規約があります。

 

当然、参加する人はみんな規約に従わなければなりません。

 

しかし厳密な規約ではありませんが、参加資格だったり手続きの期限などがきちんと決められています。

 

落札した後に必要な手続きは、おおよそ1週間以内に進める必要があります。

 

また、支払いの際には現金一括となっています。

 

今のようにオークションが盛んになってくると、当然オークション会場を運営する会社側も選ばれる立場となるのです。

 

スムーズな運営を心がけておかないと、業者が参加してくれなくなるのです。

 

また取引量が増えるにしたがって、オークションの際のシステムを拡大する必要も出てくるでしょう。

 

オークションの会場ではモニター画面にセリの対象車を映し出して、参加した落札が簡単にできるようなシステムを構築しています。

 

落札業者は対象の車のボタンを押すだけで、入札価格を上げながら応札することが可能になっています。

 

1物件にかかる時間というのは、ごくわずかです。

 

1日になんと1000台以上のセリを行っているのですから、当然のことでしょう。

 

オークション参加業者の方は、セリの最中に、出品車をじっくりと見てから選んでいるのではありません。

 

事前にきちんと下見をしていて、目当ての車をチェックすることが出来るようになっています。

 

欲しい車の番号をメモしておけばいいだけです。

 

実際のオークションがどのように行われているかが情報としてわかっても、実際に参加しているわけではありませんから、単なる参考にすぎません。

 

実際に自分の手元に届けられる車が何かが変わるわけではないのです。

 

日本の中古車市場は年々拡大しており、さらに今後も成長が期待されているようです。