中古車ディーラーとの値引き交渉のコツ

中古車ディーラーとの値引き交渉のコツ

車のディーラーでも、中古車を販売するケースが多くなりました。なったようです。

 

これまでのように新車だけでは利益が確保できなくなったからでしょう。

 

ディーラーの中古車の品質が悪いというようなことはありませんが、極端な低価格にはならないことが多いようです。

 

値引き交渉の際のコツとなるのは、相手と人と人との話し合いをすることですから、やはり、ディーラーの方でも中古車販売業者でも、嫌なお客には売りたくないと思うものです。

 

もしも、売った後で難癖を付けられるようなことでもあれば、たまったものではありません。

 

ですから、まずはそのようなお客に見られないことが重要になるでしょう。

 

そのためには、まずは値引きの話は柔らかくしましょう。

 

時には家族のせいにすることも大切でしょう。

 

ディーラーの場合には、新車の下取りを中古車として販売することが通常ですから、販売時の点検もとてもしっかりとしているでしょう。

 

ただ前のオーナーがいったいどのような乗り方をしていたかも大切なことです。

 

もしもその車の整備記録などがあれば、見せてもらうようにしましょう。

 

値引きのコツというのは、誰にでも通用するわけではないのです。

 

例えば、その販売担当者の話し方などから、どのように交渉すればいいかを考える必要があるでしょう。

 

客商売をしている人であれば、会話術にも当然長けていますから、比較的スムーズな値引き交渉ができるでしょう。

 

どうしても、金額だけで強引に推し進めるようなやり方は、相手も拒否するようになります。

 

これでは、お互いにとってメリットがなくなってしまうので注意しましょう。

 

値引き額というのも、それぞれの業者によってかなり差があります。

 

中には10万円以上値引きができると考えている人もいるようですし、5万円が限度と言う人もいるでしょう。

 

つまり、値引きの交渉で、確実なことは何もないのです。

 

業者側が内情を暴露するようなことはありませんから、知り合いなどがいれば聞いてみるのも一つの手です。