中古車の値引き交渉ではプライスボードも参考に

中古車の値引き交渉ではプライスボードも参考に

中古車の展示場を見てみると、どこの業者でも同じような価格表示の紙を貼っていることに気づかないでしょうか。

 

実はこの紙は、プライスボードと呼ばれている様式で、中古車販売時の情報をどこでも統一するために決められているものなのです。

 

これは、自動車公正取引協議会で決められた表示法になります。

 

中古車の値引き交渉とは直接的な関係はありませんが、これは、業者の良し悪しを見るためのコツの一つと考えていいでしょう。

 

このプライスボードをきちんと掲載していないような中古車業者は始めから相手にしない方がいいかと思います。

 

プライスボードに表示されている内容は、車名や型式、現金販売価格、初年度登録年月、車検有効期間、走行距離、点検整備記録、保証などになります。

 

すべてを表示する必要はありませんが、一定の歯止めになります。

 

自分自身で車の中を調べることはやはり難しいことですから、この情報だけで判断している人が多いかと思います。

 

車選びのコツになるのは、前の所有者がどのような乗り方をしていたかと言うことなのですが、点検整備記録を見ることで、ある程度は判断出来ます。

 

きちんと点検をしていれば、車はかなり永く乗り続けることができるのです。

 

中古車の値引き交渉で、より賢くなるためには、業者選びも賢くしないといけません。

 

プライスボードの情報を参考にして、自分が求めている車かどうかも判断できるでしょう。

 

ただし、車検が切れていたとしても、業者が車検費用を持ってくれるケースもあります。

 

税金等は無理でしょうが、整備費用を値引きしてくれることでしょう。

 

車体価格の値引きというよりも、その他の手続きだったり、サービスを受けることによって、実質的な値引きが可能になります。