中古車の値引きのコツと車の仕入方法

中古車の値引きのコツと車の仕入方法

中古車の販売をするルートとして挙げられるのは、卸業者から買い取って来て中古車販売店で売る場合と、さらに新車の下取りをした後、それを整備し直して中古車として売る場合があります。

 

最近では、ディーラー自身が中古車専門店を開いているケースも多いですから、消費者としては選択肢が増えたことになります。

 

もちろん、仕入価格が安ければ安いほど、それだけ販売価格も抑えることができるでしょう。

 

まず、販売価格の表示は高めに設定しておいて、交渉で値引きをすることがほとんどです。

 

したがって、中古車を購入する時には、値引き交渉を行うのは必須条件と考えていいでしょう。

 

もちろん、最初から10万や20万円に設定されているような中古車の場合には、交渉の余地は少ないかもしれません。

 

ただ、それでも一応は値引き交渉をしてみるのがコツです。

 

次の時に同じ販売店で再度購入する時の布石となるのです。

 

しかしこれは、数年後も店員が覚えていればの話になりますが。

 

さて、下取りした中古車というのは、整備することで十分走ることができますが、やはり年式が古くなっていることや、いろいろと部品を交換する必要がある場合もあるでしょう。

 

販売価格というのは整備費別になっているケースもありますから、しっかり注意しておきましょう。

 

こちらが値引き交渉のコツを知っていると、やはり店員もそれに応じた対応をしてくるかと思います。

 

まったく値引き交渉に応じないのではなくて、相手の出方によって、対応を変えてくるでしょう。

 

あなたがあまり値引きにこだわっていないと見られると、値引き額も減少する可能性が大きいです。

 

この金額であれば、ぜひとも購入したい、などと持ちかけてみるのがコツでしょう。

 

もしも、本体価格での値引きができない場合であれば、ETCやナビなどでのサービスなどを提案してくる可能性もあるでしょう。