中古車の値引き交渉は業者の立場を考えて

中古車の値引き交渉は業者の立場を考えて

中古車販売業者では、いったいどの程度の利益を確保しているものなのでしょう。

 

中古車の価格というのは、どのように決められているかを知ることが重要となるでしょう。

 

ただ、中古車は、新車とは違い1台1台の状況が違います。

 

同じように見えたとしても、価格は違って当たり前なのです。

 

また、中古車販売業者によってもかなり価格が違うものです。

 

ディーラーの場合、新車販売の合間に中古車を販売しているケースが多いですから、元々の利益は最低限に設定しているようです。

 

整備工場の場合には、自分たちで整備した費用をどのように見積もるかによって価格が違ってくるでしょう。

 

実際に中古車を選ぶ時には、このような販売業者の詳しい事情を知っておくことが値引き交渉のコツになるでしょう。

 

もしも最初から利益をたくさん取ろうとしているなら、値引き額の幅も大きくなると考えていいでしょう。

 

会社の経営を考えた時に、実際に自分たちで働いた分は自分たちの儲けとなりますが、他の業者に依頼した分は経費としてマイナス分になるでしょう。

 

自分たちがマイナスになってまで、値引きをしてくれる業者はいないでしょう。

 

交渉のコツとなるのは、相手ができないような値引きをこちらが要求しないことでしょう。

 

商売上手な業者であれば、さらに今後のことを考えているでしょうから、お客に恩を売っておくことも考えることでしょう。

 

もしも1台目は赤字になってしまっても、さらに2台目で儲ければいいと考えるのです。

 

中古車業者の立場になってから、交渉することが大切です。

 

交渉のコツを覚えてしまえば、それほど難しいことではないでしょう。

 

毎日の仕事で交渉をしている人にとっては、とても簡単なことだと思います。

 

中古車で大きな儲けを考えるのではなくて、損をしないことが主眼であれば、こちらはぎりぎりまで値引き交渉が出来ることでしょう。