中古車販売と担当者の関係

中古車販売と担当者の関係

中古車販売店だったり、あるいはディーラーなどでは、各お客に対して担当者を割り当てられます。

 

基本的には、その担当者が、一人のお客さんに対応することになります。

 

しかし、運悪く新人担当者に当たってしまうこともありますから、そんな場合には、こちらの質問にも十分な回答をしてくれないことが多いでしょう。

 

もちろん、本人の方では一生懸命にやっているかもしれませんが、車の知識が十分でなければ、こちらの意思を正確に伝えることも出来ないでしょう。

 

特に中古車販売の場合には、1台1台の車毎に状況はかなり違いますから、その違いをきちんと把握していなければ値引き交渉も難しいでしょう。

 

新人が担当であれば、値引き交渉の際には上司が引き受けてくれることでしょう。

 

新人と交渉する際のコツはこちらのペースに持ち込むことでしょう。

 

ただし、新人には値引きの権限もないでしょうから、最終的には上司が登場してきて打合せとなるかと思います。

 

車購入の場合には、販売店との付き合いがとても長くなるでしょう。

 

担当者と少しでもスムーズな付き合いができるようにしておくことが大切です。

 

ですからここで強引な値引きを要求するのは問題があります。

 

どうしても担当者の対応が悪い場合には、担当者を変えてもらうこともできるでしょう。

 

しかし、そこまで来たとすれば、販売店を変えた方がいっそ、お互いに気まずくならずに済むでしょう。

 

いい中古車をより安く購入するためのコツは値引き交渉にあります。

 

値引きというのは、担当者との交渉事になりますから、どのような対応をしてくれるかが重要になるでしょう。

 

値引きできる金額というのは、ある程度決まっていますから、その金額をこちらでも予想しておきましょう。

 

もちろん、慣れた営業マンであれば、お客に満足してもらうコツも熟知していることでしょう。

 

お互いがしっかりと満足できることで商談はスムーズに進むことでしょう。