デリカD:5の年代・特徴と、買い取り相場はどうなっている?

デリカD:5の年代・特徴と、買い取り相場はどうなっている?

世界唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトとしている車というのが、「三菱のデリカD:5」なのです。

 

この車種は、SUVとミニバンの融合とも言われている車で、1BOXミニバンの先駆けだった「デリカスペースギア」の後継車種にあたるのです。

 

ちなみにこの「D:5」という名称は、デリカの5代目というニュアンスを含んで名付けられているようです。

 

もしもデリカD:5を新車で購入する際の値引き相場ですが、33万円と言われています。

 

さらなる値引きを狙っての競合を考えるとすれば、ヴォクシーやセレナ、ステップワゴンなどのミニバンが適切でしょう。

 

または、エスティマやエルグランド、アルファードなども競合車として考えられるかと思います。

 

SUVではなくて、それよりもミニバンを狙った方が競合はうまくいく場合が多いようです。

 

デリカD:5というのは、実はそこまで主力のモデルではないため、より売れ筋のミニバンを競合させることで、強気に交渉を進めることができることでしょう。

 

では、こちらのデリカD:5の買い取りの相場はいったいどうなっているのでしょう。

 

ベースグレードとなるMの場合では、2009年式では84万円ほどで、2013年式では167万円ほどになっています。

 

上級グレードとなるGパワーパッケージですよ、2009年式では101万円、2013年式になれば181万円が買い取り価格の相場となっています。

 

一般的なことですが、三菱の車というのは、実は買い取り査定価格が低いことが多いのです。

 

ですから、このデリカD:5もそれにもれず、やはり他と比べてどうしても低めの査定額になってしまうことが予想されるでしょう。

 

もしもこれから売却する際は、せめて内装だけでもきちんと綺麗にしておき、少しでも査定額アップにつなげるよう頑張りましょう。