中古車の定義とは・・

中古車の定義とは・・

これから新たに車を買おうと思った場合、例えばトヨタや日産や、他に外車が良いなと漠然に思う方も多いかと思います。

 

しかし、さらには新車や中古車のどちらを購入しようかと悩んでしまう方も結構多いのではないでしょうか。

 

例えば人気のトヨタのプリウスが欲しいなと思った場合でも、新車で買おうか、それとも中古車で買おうか、どちらを買った方がお得なのかと、非常に悩む方が多いと思うのです。

 

もちろん安いから中古車の方が良いと思う方もいるでしょうし、しかし中には、他の誰かが乗った車は嫌だから、絶対新車が良いと思う方もいらっしゃることでしょう。

 

ではこの「中古車」の定義とは一体何の事なのか、皆さんお分かりでしょうか。

 

一度自動車メーカーからお客様に購入された車、もしくはレンタカー等で使われていた車など、つまり一度ナンバー登録がされている車の事を一般的に「中古車」と呼んでいるのです。

 

他にも、メーカー等で試乗車として使われている車なども、これはナンバー登録はされているものの、試乗車としては結局使われなかったと言う車もあるのです。

 

この場合のような車でも、すでにナンバー登録がされてしまっていると言う事ですから、中古車の分類になってしまうのです。

 

またこうした特殊なケースの車の場合には、特に新古車と言う様にも呼ばれているのです。

 

日本においては、現在、実際に乗られている車の半数以上が新車として、メーカーから購入された車だと言われています。

 

しかし日本以外の世界に目を向けてみると、中古車の比率というのが非常に高いようなのです。

 

その理由は、エコと言う観点から来ていると言う事もあるみたいで、世界的に見て、中古車に対する関心がとても強まっているようなのです。

 

これからは価格が安いから、と言った理由だけではなくて、エコと言う観点から、ライフスタイルに合わせると言う観点から見ても、日本国内でも、もっと中古車市場が伸びてくるのではないかと言う予想がされているようです。